LOCKER ROOM COLUMN

ニューヨークの話題や情報、ふと思った事など気ままに掲載します。・・・・・・

2011 NEW YORK REPORT-8

21-JAN-2011
当店ホームページのNEW YORK REPORTを読んで頂き有難うございます。今回のNYC滞在もう最終日です。何人かのお客さんとはアイテムのリクエストや質問など同時進行で一緒に参加してもらってました。勿論メールでのやり取りですが、楽しんで頂けたと思います。今や写真や映像で直に連絡出来る便利な時代になりました。今日の雪は暖かさが加わって、また交差点を水溜りにしてしまいました。1人の時は何かとお世話になる「立喰いそば屋」さん。いつもキツネそばですが、博多の味で、まあ日本と変わりない、おにぎりと共に助かってます。そして今年もパワースポットとして「セントパトリック教会」へお礼を兼ねて訪れます。いつもながら、一つ一つが凄い作りで歴史に裏付けされた造作に心を洗われます。今回の件で、まだ生かされている?喜びを感謝して皆さんの健康もお祈りしてきました。明日は飛行機の中、帰りは成田まで14時間ちょと掛かりますが頑張って帰国します。また店で皆さんとお会いしましょう。まだまだ寒そうです。是非、また来店予約をお願いします。お待ちしています。

2011 NEW YORK REPORT-7

20-JAN-2011
昨日お話した「AIR WALK」は広報では空中公園・ハイライン(The High Line)と呼ばれ 廃線になった列車の高架橋をリノベーションして公園にした所です。ハドソン川を眺めながらゆっくりリハビリ兼ねて歩いてみました。夜はIKEやPM、BKなど何人かと夕食会です。ブルックリンの小さなレストランでした。ここでも今後のメーカーのあり方、方向性など話題になりました。これからの時代は、このレストランのように、お客さんと長くお付き合い出来る規模が1番良いよねって事になり、LRのビデオで盛り上がり日本一、良い店だと・・まあ、お世辞にしろ現実的に大きくなると難しい事が多くあるようです。

2011 NEW YORK REPORT-6

19-JAN-2011
 「今ならローミングで海外パケットし放題、何と1日¥1,480」必要な時、利用します。今までアイホンでは国際ローミングをオフにし出来る限りWi-Fiで利用してました。以前はローミングを知らずに使ってると莫大な請求が来ました。それでも便利だったのですが、今回はローミングはオンラインになりフリーWi-Fiを探さなくともネットやメールが出来ます。しかも現地の人と携帯番号がわかればメール出来るグローバル化が実現しました。(元々、日本以外は他の通信会社との間でも可能)この携帯電話メールのシステムが1番弊害でした。Wi-FiではGMailでアドレスが必要でした。それでも基本的にはローミングオフでWi-Fi利用が良いようです。マンハッタンはフリーWi-Fiだらけで困りません。この世界は毎年凄く便利に進化しますね。今日は最終日の「MRketNY」Javits Centerです。その後、近くのチェルシーマーケットに行って最新開発中の「AIR WALK」?(元鉄道だった線路を散歩道に) 雪が残る歩道をリハビリ兼ねて散歩です。

 

2011 NEW YORK REPORT-5

18-JAN-2011
朝早い仕事から一日が始まったが最悪の天気です。雪ではなく雨だ。雪の残っている交差点はビチャビチャの状態で滑るし水溜りで渡れない。昨日まで5分程で行けた「WARWICK HOTEL」が何と30分も掛かり靴は濡れて冷たい。さて「New England Shirt Co」だが立体裁断で作り細かいオーダーにも応えてきた実績が評判を呼び多くの超有名高級専門店のオリジナルを請負っている。今年から「Made in New England」のラベルで供給する。元々、オーナーのMr.Robertは発展期1980年代「IKE BEHAR」のセールスをしていた。その後、Bostonの縫製工場職人を買収、「Joseph Abboud」など有名なブランドを手掛け、伝統的な職人技術とBoston Made に拘ったメーカーです。(BostonをNew Englandと呼びイギリスからの移民が多く上陸、パイオニア精神の源になっている。)時代は違うが初めてニューヨークを訪れ「IKE BEHAR」を知った時と同じ感動を思い出しました。いや今の時代だからこそ求められているのかも知れません。本当に着心地の良い仕立のIKEだが最近ビックになり過ぎたように思います。勿論、これからも良いと納得できる物は展開して行きますが今のIKEにはない物を「New England」から紹介して行きます。早くも何点か、この春夏コレクションからスタートです。是非、私と同じように感動して元気なパワーを思い出してください。

2011 NEW YORK REPORT-4

17-JAN-2011
1番大きい会場Javits Centerでやっている「MRketNY」へ行きます。

まず「IKE BEHAR」へSteve,Alan,Lawrenceの3兄弟と再会。先週土曜日Steveがセントラルパークでジョキング後、私とバッタリ会った話題から健康について雑談(笑)、明日の夜、食事する約束をした。先日「PM」のBagをPASSしましたが、やはり専門の「TRAFALGAR」は違いました。新しいGEORGETOWNシリーズ細かくチェックしても完璧です。ついでに「Moore & Giles」、今までと同じスタイルだが新しい革仕様を見た。個人的にはiPad Caseは興味深い。広い会場を廻って「BILLS KHAKIS」に到着、カタログ入手。現物を見渡して気になるアイテムをチェック。新しく出す靴もBKらしい。さて「IKE BEHAR」だが、面白い企画をアイデアマンのLawrenceに提案された。近く日本の雑誌等で話題になると思いますがあの時代の懐かしい風が吹きます。これがヒントです。イタリアのアウター「LANDI」を見たほか、目に止まるものをチェック。全体を通してシャツに関しては「New England Shirt Co」が気になる。明日、再びWARWICK HOTELへ行く手配をした。流石に人気ブランドだ。希望時間が取れず朝イチで8:30を何とか入れてもらった。

2011 NEW YORK REPORT-3

16-JAN-2011

今日もNYCは快晴です。雪が降らないので冷たいけど良しです。福岡地方は、かなり冷え込んでいるらしい。「PETER MILLAR TAILORED」で新しいスタイルのプレゼンテーションと生地選び、「SPORT」の品定めと写真撮り。昨日、Bagが気になると書いたが、ステッチの並び、革トリミングの質感など細かく見て今回見送る事にした。見た感じは良いのに残念だ。明日の「Moore & Giles」に期待しよう。数年前から気になっていたのだが「Ike Behar」の元スタッフがボストンで始めた「New England Shirt Co.」今回、非常にレベルが上がったので少しやってみます。高級専門店のプライベートブランドとして認められているが今回、自社ラベルで発表した。立体裁断のハイエンド技術に洗いを掛けたり贅沢な遊びが加わっている。

2011 NEW YORK REPORT-2

15-JAN-2011
さあ早速今日から仕事です。Warwick Hotelが会場の「The DESINER FORUM」へ徒歩で3分・・とは言っても、快晴ですが、めちゃ寒いですよ。風が痛い!氷点下です。ここはPETER MILLARほかテーラード系が多い。各部屋を廻って取引先へ挨拶、PMがない。別のHotelで単独でやってるらしい。知人から聞いて新しい場所、59thのPARK LINE HOTELまで歩く。広いスペースでやってる。カタログ・資料を貰う。全体のラインを見る。今年Vestで使った「LoroPiana」の新素材「StormSystem」仕様が増えた。そしてBag類も気になります。午後はコロンバス・サークルの「WHOLE FOODS MARKET」へ・・・・夕食をテイクアウトです。部屋に帰ってからは、今日集めた資料に目を通して気になるアイテムをメモる。

 

2011 NEW YORK REPORT-1

14-JAN-2011

今日からNewYork出張です。福岡空港、朝7:10発といつもながら早いのだ。幸い夜中サッカー日本代表のTV応援で徹夜する事が出来た。寝れないほど面白いゲームで勝って良かったです。快晴の成田を11:10飛び立つ。

飛行時間12時間22分、距離にして10,957km。遠いですね。

今年は今までと違います。実は昨年夏の終わり8月、思いもよらない突然の病「急性大動脈解離」で死に至るかも知れない人工動脈取替えの大手術を行なったのです。今、再びNewYorkを訪問出来るのは感無量です。沢山の人にご心配お掛けました。NewYorkで多くの友人も迎えてくれます。この出来事で昨年の秋冬は私の復帰(11月)を待って来店して頂き、本当に有難く、これから答えて行かなくてはと、また同時に益々本当に良い、夢のあるクロージングをお届けしたいと思いました。今年の9月からの秋冬コレクション・・・しっかり良い物をセレクトしたいです。宿泊HOTELの前のスタバ(Wi-Fi無料になった)からUPです。

 

2010 帰国後、報告

25-01-2010

今回のNY-SHOWですが特に目についたのが「LoroPiana」の新素材「StormSystem」です。非常に評価が高いWool素材に撥水する繊維を織り込んだというものです。やはり高価なのですが、比較的購入可能なベストをチョイスしました。ブランドは日本では当店のみ扱っている「PeterMillar」で7Gメリノウールのリバーシブルになっています。

ITALYの「LANDI」のラビットファーつきダウンやリバーシブル・コートもいいですね。「BillsKhakis」は、定番のPantに加えPimaCottonでストレッチが入るコージュロイパンツ。ひと味違うフリース・ジャケットそれに明るめのBritishTan・ラムレザーの第一次世界大戦モデルのフライトジャケットなどお勧めです。

ちなみに長くお付き合いしているお客様は、ご存知ですが今回のSHOWは今年の9月からの秋冬コレクションです。

世界のファッション業界のSHOWはNYがもっとも早く、この後シカゴ、マイアミ、最後はラスベガスと全米で開催されヨーロッパ、フランスパリ、イタリアミラノと続きます。

日本人のバイヤーは日本国内で卸をする問屋や全国展開するストアーやデパート(特に伊勢丹)ですが、その多くは、リサーチして、そのイメージを日本の縫製業者に依頼することが多いようです。

今日からストアーオープンで早くも来店くださったお客様、ありがとうございます!!

まだ少し時差ボケで「ごめんなさい!」(笑)

スーツ・ブレザーのINSTOCK ORDER開始しました。スーツはSuper135's100%ウール8種のファブリック(生地)から、お選びいただけます。オールシーズンのスーツです。カナダのテーラーで製作しニューヨークへ、そして日本へ空輸し税関を通過した後、お客様にお渡しいたします。価格は、お渡し価格で¥120,000(+Tax¥6,000)に設定いたしました。一ヶ月ほどで、お渡しできると考えています。

ストアーでは、まだ「SALE開催中」です。秋冬物50%OFF、オールシーズン・定番物は30%OFFです。まだまだ

良いものばかりがあります。是非お寄りください。尚、良いものを体感して頂くオールシーズン・定番物のDISCOUNTは今月が最後です。来月から通常の価格に戻ります。

 

では、またストアーでお会いしましょう!!(来店予約を、忘れないでくださいね)

来店予約専用メール : locker.fukuoka@gmail.com

 

 

New York Final Report

22-01-2010

ニューヨーク最後のレポートです。今日はファッションを離れ 、街の様子をお伝えします。20数年ニューヨークを訪れていますが、今回初めて「ブルックリンブリッジ」を歩いて渡りました。朝10時頃でしたが風がなく晴れていたので、とても気持ち良く渡り、終った先の「DUMBO」まで行きました。ここからは「ブルックリンブリッジ」は勿論、エンパイアステートビルもクライスラービルも、その先、自由の女神まで見渡せる絶好のロケーションです。音楽PVやマンハッタンの紹介でよく出てくる有名な場所です。最近は住宅地として人気が高いBROOKLYN。住んでみたいですね。その後、近くのチャイナタウンで飲茶しました。以上でニューヨークからのレポートは、終わります。帰国後、元気に月曜から営業したいと思います。よろしくお願いします。


New York Report 4

20-01-2010

「COLLECTIVE」と「MR」とSHOW会場を回りホテルの部屋で検討した商品の発注作業です。IKE BEHARはVIP扱いしてくれますので、ゆっくり53th StreetのOfficeでLANDIのItaly物は会場で、他にもHat、Scarfの資料を貰い後日、日本からMailで新規取引をする。ホテルへ戻る途中、ホワイトハウスからのクレームで話題になっているアパレル会社のどでかい看板を見ました。これは、やはり問題でしょうね?明日の夜はIKE BEHARの招待でブルックリンで夕食です。天気の方は順調に結構寒くない日が続いています。


New York Report 3

18-01-2010

今日はアメリカのファッション雑誌「MR」が主催する「MRketNY」へ出かけました。

ここはベイサイドにある大きなイベンド会場です。全米は、勿論イタリアを始めヨーロッパのメーカーも多く出展して居ます。IKE BEHAR,TRAFALGER,MOORE & GILESなど現在取引してるメーカーも多く、特にヨーロッパ物は、この機会にセレクトします。

日本にはナゼか総輸入代理店等が存在し、そこの力によって残念ながらロッカールームでは取引出来ない日本で有名な所もあります。

例えばA.TESTONI(靴) ・ALDEN(靴) ・ALLEGRI ・BARBOUR・ CALVIN KLEIN ・COLE HAAN・ DKNY ・EDWARD GREEN(靴) ・JOSEPH ABBOUD ・JOHN SMEDLEY・ MICHAEL KORS・ SAINT JAMES 等があり日本国内で独占されています。

その多くは、今、私が実際に目にしている物ではなく、日本向けの「別注品」あるいは別物のライセンス商品です。この時期に再会するアメリカや欧州のバイヤー達によると、不思議な商習慣だと言います。最近IKE BEHAR 、BILLS KHAKIが他のストアで目に付く様になりましたが殆ど別注だと思って間違いありません。

まあ、その方法が悪いとは言いませんが、数量発注なので出来ない事が逆に良いか悪いか小さな店の良さかも知れません。でも凄い高額でも気に入った物が目に止まれば、1点でも発注します。

ロッカールームで購入して頂いている方は現地の物と全く同じで、その素材の違い縫製の違いなど実感してもらっています。・・・・

この後、会場を後にし近くのチェルシー、グリニッチ、トライベッカやSOHO辺りを視察に行きます。こちらの店のカッコイイ店頭Displayなど勉強して来ますね。

New York Report 2

17-01-2010

昨夜Hotelの部屋で昨日リサーチのメーカーをバランスチェックした。トータル的には「PETER MILLAR」がシャツ、アウターともにいい。特に今回、目に付いた素材に「LoroPiana」のStormSystemがある。IKE BEHARもアウターで、この素材を仕様しており多くのハイエンドブランドにもあった。説明によるとWoolでありながら防水出来る素材を織り込んである新しい注目の素材だ。高価ではあるが裏がメリノウールでリバーシブルのベストをチョイスした。3/4コートでラムスエード・キルティング・コート。ナパ・ラムスキンのWジップ・ベストもいい。小物ではカシミア100%のベースボール・キャップ。ウールのハットも気になったが本当に良い物は高く日本では被る機会も少なく勇気がいるので気楽に被れるキャップにした。パンツは久しぶりにコージュロイ素材、但し極細のピーマコットン仕様だ。第一次世界大戦のパイロット・レザー・ジャケット「WW-1 AVIATOR」。高級フリースのジャンパー。等など良い発注が出来たと思います。さて明日はアメリカのファッション雑誌MRが主催する「MRketNY」へリサーチします。   

New York Report 1

16-01-2010

今日から展示会リサーチ1日目、開始です。WARWICK HOTELで「ニューヨークファッションフォーラム」Bills Khakis,Peter Millarのカタログを貰う。そして好評で在庫がなくなったアンチックのスナップカフスの新しいスタイルを、やはり価格が上がっていたが、近年の円高で強気でオーダー。

PeterMillarのテーラードの説明を受ける。テーラード技術に定評があるカナダで新調されるが生地はイタリア製でゼニアを始め、中々いい。SPジャケットも裏地に工夫を凝らした仕様で興味ある。スーツは生地を見て顧客が選んびオーダーするシステムを確立した。今回気候は4〜7度前後で福岡と変わらず昨年より過ごし安い。先週は零下10度前後だったらしいです。ラッキーです。明日は有名なCLUB 「THE TUNNEL」で行なわれている「THE COLLECTIVE」に行きます。


2009年12月15日アバクロンビー&フィッチ銀座店オープンの話題

 

1892年にニューヨークでスポーツショップとして創業。
創業当初は、創業者であるデイビット・T・アバクロンビーが、キャンプ・狩猟といったアウトドア関連用品を高品質、富裕層の商品として提供していた。(LL.Beanは低所得層向け。)その後、1900年に顧客だったエズラ・フィッチが経営に参加し、1904年からアバクロンビー&フィッチとなる。
元々は男性向きの無骨な商品がメインであり、ヘミングウェーもよくここで釣り道具を購入していた。ロッカールームでは1983年,渡米を機に当時「ウイルス&ガイガー」社長の紹介により一部輸入販売していました。(W&Gの商品を扱っていた。)サファリジャケットや豹柄、キャンバスのバッグなど取り扱った。
当時は客の85パーセントが男性で、残りも男性客についてきた女性客であり、女性が1人ではいる店ではなかったです。しかし財政的にぐらつき始め、1988年にリミテッド社(現リミテッド・ブランズ社)により買収、1992年にマイケル・ジェフリーズをCEOに迎えてからはラインを一変させ、20代前半をターゲットにしたヴィンテージ風カジュアルブランドに変身、ラルフローレンが「BIG POLO」をヒットさせた事から、カジュアルな「BIG POLO」を売り出し、大学生対象のカジュアルファッションブランドへと変わった。(ロッカールームでは天神店をオープンする少し前です。)
アメリカでは350店舗以上(今は縮小中)を展開しているが、海外展開にはこれまで消極的。日本にも2007年に出店する計画があり、100%子会社の「ANF(エーエヌエフ)」を川崎に設立したが、イギリス・カナダへの出店が優先され、2007年の日本進出は取りやめになった。公式サイトから海外通販することは可能で、日本でもネットショッピングを通して購入することが可能でした。今では、すべて日本語版、日本価格表示のサイトへ強制的に制限されています。通販はアメリカ発送になるようで提示されている日本価格に加えアメリカからの運賃+関税ですから、とんでもない価格になります。生産国にアジア地区が多いことから、偽品が出回るので今までの買い付けセレクトショップでの購入は要注意です。また同じ品を複数注文したり、業者による並行輸入を目的とした発注とみなされると受注を拒否されることがあり品数をそろえられません。アバクロンビー&フィッチのほかに、2000年からはセカンドラインとして「ホリスター (Hollister Co.)」(14-18歳が客層)、2004年からは「ルールナンバー925 (Ruehl No.925)」(22-35歳が客層)という姉妹ブランド、2008年からは「ギリーヒックス (Gilly Hicks)」という下着・ラウンジウェアのブランドを展開している。アバクロンビー&フィッチ社は、1996年にリミテッド社からスピンオフされ、現在はニューヨーク証券取引所(NYSE:ANF)に上場している。最近では2009年8月落ち込みが目立ちアバクロンビー&フィッチは28%減だそうです。
本社は、オハイオ州ニューオールバニ。米国では、アバクロンビー&フィッチ 359店、アバクロンビー 202店、ホリスター 444店、ルールナンバー925 21店を運営している(2007年12月末)。ルールナンバー925は2010年1月に閉店予定である。日本人が多く訪れるハワイではアメリカ本土より高めに設定してある。米国外では、カナダでアバクロンビー&フィッチとアバクロンビーを各3店、イギリスのロンドンにアバクロンビー&フィッチを1店を開設しています。最近はイタリア・ミラノにも。日本でも、2009年12月15日、東京都中央区銀座に直営店をオープン。初日の来店客数はアバクロ史上過去最大級の5,000人以上を記録したそうだ。やはり驚きです。
ネットで価格が話題になっているが、もともと価格帯はGAP、LLビーン、ランズエンドなどより高額で、中間所得層向けです。日本での価格設定は今の為替相場@¥100だとしてアメリカからの運賃、日本の輸入関税(これが結構高い。)銀座の家賃、人件費など考えて1.6倍から2.4倍、平均2倍くらいです。
例えば$90のジーンズが21,400円(2.3倍)です。アイテム・素材で関税率も違い何とも言えませんが結構強気です。低価格帯の輸入物は元々安いです。ロッカールームは1.2~1.5倍程度の設定です。
ラルフローレン(日本ライセンス物ですが)以来、久しぶりにアメリカのカジュアル・ファッションが上陸した気がします。本来20歳前後の大学生対象ですが、なぜか日本は3-40歳代の購買層が多いそうです。今の日本の学生層には、ちょっと手が出ない値段帯です。(女性は別ですけど)
「ウイルス&ガイガー」や「ウールリッチ」「ニューリパブリック」「ポロ」など当時の円相場ではライセンス契約が多く、その多くは失敗でなくなりました。現在円高で通貨価値が逆転、そのまま輸入物が入ってくる時代になりました。私見から言わせてもらえば5年前が日本進出のタイミングだったと思います。過去体験から言えるのは本土で下火になると、更なる購買力を求め日本と提携、進出など見られると言う事です。そんな中、「アバクロ」自体知らない人も多く日本では、まだまだ売れるのかも知れませんね。

もう一つ最近のTVの特集から「鎌倉シャツ」が紹介されていました。
「高級ドレスシャツの基準を上回る最上質の80番手双糸以上で、手のこんだ縫製を施し(巻き伏せ本縫い)、ボタンは貝ボタンを使う。」 価格的に手の込んだ良いシャツを作ってると思いました。話の中で共感する部分も多く社長は、よく分かってる方だと思います。特に村上龍氏が言った「良いシャツを身にまとう快感は、他の人に伝えることができない。着る人にしかわからない。特権的なのだ。」そう「着る人だけの特権」は正にロッカールームが一貫して提案した服の意味があります。価格が@¥4,900(税込¥5,145)は売れるはずです。ただ生地が・・・・大きく価格に反映するのが、やはり生地です。ちなみに当店で扱っているシャツはすべて100番手双糸(極細)以上、アメリカでは@$110以上、平均$200前後の商品です。

来年8月ロッカールームは30周年を迎えます。

その間、色々ニューヨークのファッションを見てきましたが「バナリパ」「ノーチカ」や今日お話した「アバクロ」も
もう数十年前に紹介したものばかりです。来年も1歩先をリードしていきます。
よい年末年始お年をお迎えください。

                                                            店主

LRでは、オールシーズン定番品も、「お試し価格」でSALEしています。


今、どこもバーゲンの期間ですね。

LOCKER ROOMもこの時期、最もお買い得な「BARGAIN」を行っています。
もともとは、SALEをしない店でした。なぜなら、当店のラインである「クラッシック」は来年も再来年も大きく変わる事は、なく素材重視の高級ラインだからです。
しかし、数十年交流があるマンハッタンの店や高級デパートのバイヤーの話を聞くうちに考えが変わりました。
「我々は顧客中心に考え、お客様の顔を思い浮かべながら色々商品を発注します。新しい感覚、流行の傾向なども含め、サイズバランス(数量)を決め発注する訳です。当店は、欧米の店舗と同じ1年前に現地N.Y.発注します。そしてプラスアルファ加えるのです。シーズン中は顧客中心にお薦めの商品を紹介し販売していきます。・・・でシーズン終わり、良い物を知ってもらうための販売期間がバーゲンなのだ。」と。サイズがない商品もあります。一度見ていた商品がない場合もあります。店内で販売されていた物が「お買い得」価格になり、初めて商品の良さを実感され、新しいファンになる。そんな目的を持った期間なのです。ひと昔、取り扱っていたブランドも「格安の掘り出し物」として出てきます。
日本では、バーゲン用商品を仕入れ販売している所が多いと聞いています。福袋もびっくりです。わざと値段タグを付けたまま・・・本当にその価格で、その店で売られていたのでしょうか? これからは、買う方がしっかり商品を見て購入してほしいものです。


注)欧米のショップ、デパートは、日本式とは違い全て買い取り販売です。仕入れた商品は自信を持って売って行かなくてはいけません。だから顧客を大切に、顧客に支持されて成長していきます。

マンハッタンの日本食事情

 

 1980年代マンハッタンでよく通った店は「めんちゃんこ亭」でした。
初めて「IKE BEHAR」のSHOWROOMを訪問したビルの1階にありました。(6-55th)
当時、日本からのバイヤーには知られた店でした。もともと日本では地元福岡それも現在の「LOCKER ROOM」から目と鼻の先にある、ちゃんこ鍋系の店です。
もちろん豚骨ラーメンあり醤油ラーメンそして名物のおでんがあります。
醤油ラーメンは木久蔵・ラーメンと言ってラーメン協会?会長・林家木久蔵師匠公認のラーメンでザーサイが入っていて好きでした。ここの朝食も人気でご飯も味噌汁、鮭、のり、生卵と日本では、ごく普通ですが、当時高級ホテルでも日本食は不味く、ここで食べると元気がでたものです。そうここには「柚子コショウ」が置いてあり、東京から来たバイヤー達は知らず「七味」より香り豊かで美味しいとびっくりしていたのを思い出します。今では、すっかり日本でもポピュラーになっています。この「めんちゃんこ亭」ですが、その後、事業を拡大し「とんかつ店」「居酒屋」と発展マンハッタンに5店舗ほどあったと思います。
「IKE BEHAR」も大きくなりSHOWROOM移転しましたので、しばらく行ってなかったのですが、
今年1月久しぶりに行ってみました。・・・・???ちょっと味が変わった?木久蔵・ラーメンがない?何か違う印象でした。
何日か後、仕事の合間、ウオール街のラーメン屋に立ち寄った時、70歳代オーナー・元気な女性と親しくなり「めんちゃんこ亭」の事を聞きました。
何と元々のオーナーは博多に帰国しマンハッタンの「めんちゃんこ亭」の権利を全て売ったそうです。今は韓国人オーナー経営だと言うのです。なるほど・・・・・
博多と言えば、全国的に有名な「一風堂」マンハッタンに出店しました。同年代のオーナーですし同じ博多出身ですから、是非頑張って日本のラーメン文化を発信してほしいものです。
今は寿司も美味しいですし河豚料理、松阪牛まで食べれます。マンハッタンは世界中の人々が集まる街。食べ物に不自由しなくなりました。ただし・・高いです。(涙)

NEW HOME PAGE OPEN

ホームページが新しくなりました。

ドイツの若者が開発した「JIMDO」を使って更新が簡単で見栄えするよう変更しました。

まだまだ使い慣れていないので一部文字化けが出来たりしてるようです。

御気付きの点がありましたら、どんどんメールください。

研究してより良いHPにしたいと思います。

MAIL

05-01-2009

★ NEW ARRIVALS ★

"COSIMO" Mayser Wool Hat
"COSIMO" Mayser Wool Hat
"NEWTOK VILAGE JACQUARD" Peter Millar Mountainside
"NEWTOK VILAGE JACQUARD" Peter Millar Mountainside

★来店予約フォーム★

携帯のアドレスが迅速に対応できます。

来店予約専用メール

locker.fukuoka@gmail.com

携帯に、ご登録して頂くと便利です。

お名前:来店日:来店時間を記載して、

お申し込みください。

 

来店予約専用電話

050-1354-3329

当日分のご予約は午後3時までにお願いします。

(先客予約のため、お断りする場合もありますので、

ご了承ください。)

 

最新の情報を掲載します。

入荷情報やお買い得情報をお知らせします

GQ New Arrival in Store

最新の米国版「GQ」を店内にて、ご覧になれます。

SEPTEMBER.2018
SEPTEMBER.2018
AUGUST.2018
AUGUST.2018

AirPayの導入により「JCB」「Diners Club」

カードでのお支払いも可能になりました。

Square,AirPayでのお支払いは

1回払いのみになります。

(支払手続き完了後、ご本人の使用契約カード会社と お支払変更手続きで、分割可能となります)

ニューヨークでの情報・展示会の様子などReportをご覧ください。

所在地:〒814-0011 

福岡市早良区高取1-3-24

MGビル